アクアプリズムファンデーション工法

アクアプリズムファンデーション工法とは

打放しコンクリート改修専用

打放しコンクリート・モルタル面の改修において、クリヤー仕上げをすれば濡れ色となって黒ずんだ部分は強調され、セメント系補修を行えば色合いが変化してコンクリートの質感が失われるなどの苦情が多発しています。この工法は、コンクリート自体の経年劣化を再現しつつ、コンクリートの質感を一体化させる改修専用のアート工法です。

アクアプリズムファンデーション工法特性

1液型の水性塗料を使用してのアートを行うため、施工箇所周囲への影響や作業員への影響もなく、安全で環境に優しい工法です。
アートする塗料は、全艶有りを使用するため、耐候性にも優れており、シックな仕上がりのコンクリートの質感に仕上げるのは、最終のクリアー層にて、3分艶まで軽減します。
クリアー層も耐候性に優れたシリコン樹脂系、フッ素樹脂系の2種類から選ぶことが出来ます。

01.施工前

02.パテ処理

03.質感復元

04.質感復元

05.質感復元

06.クリアー塗装

07.完了

関連記事

もっと見る

ご不明点などお気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

078-652-0099

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ