クローンタイル

クローンタイルとは

クローンタイルJ(磁器質)

磁器質タイルの上に超高耐候性塗料で、色、柄、艶等を忠実に再現し、焼付け塗装した精巧な仕上りのタイルです。建築業界初の技術です。

クローンタイルD(弾性)

特殊ポリウレタン弾性樹脂を特殊成形型に注入し、製作した建築業界初の弾性タイル材です。その上に、超高耐候性塗料で、色、柄、艶等を忠実に再現し、焼付け塗装した精巧な仕上りのタイルです。

クローンラスター

ラスタータイルの再現です。

クローンタイルの特性

クローンタイルD(弾性)の性状、物性

ウレタンエストラマーの特長を最大限生かせる注型用ポリウレタン樹脂の中でも高物性の製品を採用しております。特に、耐水性、耐衝撃性、耐オゾン性、反撥弾性、低温特性に優れ、苛酷な条件で用いられる製品に使用されています。

ゴム硬度について

クローンタイルDは、90という硬度があり、ゴムの物性としては、非常に高硬度である。例として、消しゴム35、車のタイヤ65という硬さ表現になります。

モジュラスについて

クローンタイルDは、超高モジュラスであり、71kg/cm2がかかることがないため、破断することがありません。例として、シーリング材の低モジュラスで2kg(一般的な2液型変成シリコン)高モジュラスで4kg(1液型変成シリコン)になります

引張強度、伸びについて

クローンタイルDは、引張強度が450kg、伸び460%あり、開口クラック等による力が加わっても破断することがありません。例として、タイル用エポキシ樹脂弾性接着剤の引張強度がJIS規格試験(JISK6251)60kg以上に対して、各メーカー接着剤は、100kg~200kg程度の為、先に接着剤等が破壊されます。

引裂強度について

一般的に、引裂のような力がかかることが考えられないが、引裂力がかかった場合にも70kgまで対応できます。

反撥弾性について

クローンタイルDは、反撥弾性50%を有している。性能としては、低反発枕は、反撥弾性15%程度であり、外力を加えなくなってから、ゆっくりと形 を元に戻すのに対し、50%は、耐衝撃吸収性があり、形状復元力に優れていると考えられます。

まとめ

クローンタイルDの性状、物性から、自然界で起こる太陽光による変化、寒冷による変化、建物に関 しての膨張伸縮、ひび割れ等に対して、追従できることから、壁面タイルクラック再発防止特殊工法として、ひび割れ再発防止5年保証付与することを可能にしました。

関連記事

もっと見る

ご不明点などお気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

078-652-0099

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ